愛と生命
HOME  ▶   愛と生命 ▶ 7.宇宙の心

7.宇宙の心

地球は、水を満々とたたえながら宇宙に浮かんでいますが、その水を活き活きと躍動させる存在があります。それは、宇宙から到来する光です。太陽の光は、水を温め雲を造り雨を降らせ、地球上の水をダイナミックに循環させています。

光を受けてきらきらと輝く水はあまりに美しく、生命の喜びに満ちあふれているようです。父母によって生命がもたらされるように、水と光のハーモニーによって生命が躍動しています。宇宙から到来する光を見つめてみましょう。光が、宇宙の心を教えてくれるのです。

太陽の光は地球を暖めて、生物が住むのにちょうど良い温度を与えています。光のない世界を想像してみてください。光がなければ真っ暗闇であるように、光は、明るさと暖かさと美しい色を与えて、地球を輝かせています。

そしてまた、1億5千万キロも離れた太陽は、種を発芽させ、緑を育て、空気を生みだし、作物を実らせます。生命を守る多くの動きが、太陽の光の恩恵によってもたらされています。

光とは“全てを明るくし、暖め、生かそうとする”強大なエネルギーです。光は宇宙の心そのものなのです。宇宙の心、それは無償の愛、与える愛、限りなく生かす愛なのです。

宇宙の心を伝える光

2-7w小